セキュリティ面も重要

OA機器を導入するに当たっては、いわゆるコストの問題も考えるべきです。例えばコピー機は、ただ稼働させていれば良い、というものではありません。業務用のコピー機であれば特に、定期的なメンテナンスを必要とします。特定のところから購入した場合、そのメンテナンス料も含まれていることがあります。また、できるだけ印字時のコストを削減するために高性能なコピー機を選ぶことも可能ですがやはり初期投資が高くなります。レンタルオフィスなどで少人数で用いる際には、それこそリースの業務用コピー機を用いる方が現実的である、と思えるかもしれません。そういった点は、長期的なビジョンを見据えて考えるべきです。また、保障がどうなっているのか、故障したらすぐに修理してくれるのかという点も重要なので、そこはきちんとチェックします。

テクノロジーの進化によってOA機器も進化してきました。よりそれぞれが独立して最高の性能を持ち、動作が安定し、社内ネットワークにも容易に接続することができる機器が多くなりました。そして、もう一つ大事なのがセキュリティのことで、コピーをする際にどのようなセキュリティ対策がなされているのか、という点も、選ぶ点で重要なポイントとなります。

良いコピー機の選び方とは

仕事で使うものは、家庭用で用いられるものよりも、高性能であることや高い耐久性を持っていることが求められます。特に、規模の大きい会社で用いられたり、イベントで用いられるようなものであると、簡単に動作が止まってしまうようなものではいけないからです。家庭用のコピー機などは、あくまで過程で用いることを想定されています。ですから、より本格的に、しかも短時間で大量に印刷が必要な場合は、業務用に想定された複合機を用います。それらの価格は、家庭用として販売されているものよりも、2桁も価格が異なる場合があります。多くの人が同時に利用しても、全く困らない性能を持ち、それでいて品質も良いものを選ばないといけないからです。

業務用のコピー機は、いわゆる『リース』でレンタルすることも可能です。その場合、短期的なコストを大幅に抑えることができます。ただし、機器の種類には限界があります。コピー機は、業務用に導入するとなると、500万円以上する機器もあります。ペーパーレスが進む時代において、そういった機器を一括で導入した方が良いのか、またはリース等で導入した方が良いのか、という点などを比較考慮して考えるならコストの問題も解決出来ます。

ビジネスに必須なコピー機

ビジネスに必要な機器というのはたくさんありますが、それらの機器は昔に比べて非常に効率化が図られています。それも、デジタル化が進むことによって、以前は何十枚も同じ書類を手書きで複製…というのは古すぎるかもしれませんが、どちらにしても効率が非常に悪かったのは確かです。いえ、その時代にとってはそれが当たり前であったのですが、現代ではデータをつくり、それを活用する、そして複製する…といった作業が単純か出来るお陰で、非常に仕事の効率が良くなりました。そしてそれらのデータを、自分だけで活用するのでは無く、他の人に渡す、ということも非常に楽になりました。そういったことができる現代において、私達が利用するツール『OA機器』の役割は非常に高いといえます。それらの機器が使いやすいかどうかは、作業効率の方に直接関係してきます。皆さんは、どのようなOA機器を用いておられますか。特に、仕事で何度も使う機器というのは複数あると思われますが、特に紙媒体の書類を作る際は、『コピー機』は欠かせません。まさに仕事に必須の、OA機器の一つであると言えます。

OA機器を選ぶに当たってその基準となるのはもちろん性能ですが、それと同時に考えなければならないのはやはり導入費用です。私達が個人で使うようなコピー機ならまだしも、それを会社で導入したりする場合にはやはり数段高性能、大人数で用いるのに向いている機能を持った機器を導入する必要があります。

◆参考サイト◆OAランド|コピー機専門業者